2005年6月18日 (土)

中華の鉄人

有名な陳健一さんのお店、「四川飯店」の赤坂本店に行ってきました。

美味しかったです。が、驚きはありませんでした。まあ、こんなもんかなと思っていた程度に美味しいという。その昔、香港のRed Pepper Restaurant で食べた麻婆豆腐の方が私は好きじゃ。

でも担当の方はとても感じが良かったです。子供がにんじんで作った鳥の細工物(写真に写ってる)を欲しがったら、わざわざ綺麗に包んでくれました。心遣いは嬉しいけど、どうしよう・・・・煮物に丸ごといれたらシュールかも(笑)

05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 9日 (木)

ちっちっ・・・小さい

ビクターのビデオカメラを買いました。

前に使っていたのは10年前の8mmビデオで、ご他聞に漏れず、子供が生まれたときに買ったのですが、撮っても編集作業なしだと見る気がせず、さらにメーカー主導のメディアの変遷が輪をかけ、2~3年で全く使わなくなりました。

今回は仕事で必要性を感じたことと、HDDタイプならメディアの存亡も関係なかろうということで思い切ったのですが、画質も記録用としては十分に満足です。でも、小さい・・・まあ携帯でもそこそこのムービーが取れちゃう時代だから驚くには当たらないかも知れないが・・・

victor

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月 2日 (木)

焼酎が好き・・・酒は何でも好き

昔はビール→日本酒だったのが今はビール→焼酎です(真冬を除く)。焼酎といえば、芋か泡盛で決まり。芋は爽やかで酸味のようなフレーバーを感じるのに対して、泡盛(古酒)はまったりとした甘さを感じます。ちなみに泡盛はタイ米+黒麹菌で造る米焼酎の一種。

焼酎に、はまり始めの頃は、麦、蕎麦、芋、泡盛、胡麻、紫蘇、米、など色々なフレーバーの焼酎を並べて喜んでいたけど、今は芋&泡盛専門です。HPに例えれば、色々聴いたけど、結局スタックスとベイヤーに落ち着いたみたいな・・・・違うか。

良く飲む(飲みたい)好きな焼酎は・・・

富乃豊山:芋焼酎の極みの一つ。柑橘系のフレーバーがするフルーティーな焼酎。日本酒も米を磨くと(吟醸酒)その香りがフルーツの様になっていくのと似ている。2400円程度するからいつも飲むわけにはいかないが。

山元酒造の新酒(期間限定):芋だ!芋だ!芋だ!と、酒が主張している。洗練されてないけど大好き。

琉球の古酒:沖縄最古の蔵元の古酒。まったりとして、一見飲みやすそうだが、少し苦味にも似た癖を後味に感じるのだよ。結構、通好みかもしれない。ラベルのデザインもレトロで好き。

瑞泉青龍:まろやかで、飲みやすく、コクもある、とてもバランスの取れた泡盛。私的には一番安心して勧められる。

別に好きではないが話のネタとして・・・

どなん:与那国島の泡盛。かみさんの友人のだんなが与那国島出身でもらった。アルコール度数60°!ストレートで飲んだら口が焼けた。でも上には上があって世界“最強”の酒ってアルコール度数98°!!!名前は忘れてしまったが、青山の酒屋で以前、見かけた。買おうかどうか悩んだが、多分「消毒に使う」か「燃やす」位しか使い道が無いと思い止めた。エタノールとブラインドで飲み比べしたら違い分かるかな?

そうそう、日本酒だと山形の“栄光富士”という日本酒は相当凄いです。ネットで探してでも手に入れる価値あるかも。あと新潟は長岡の“極上吉野川”は良心的な値段でCP高いです。東京ではあまりみないけど。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年5月22日 (日)

プログ始めます

プログを始めたのは良いけれど・・・・niftyのプログって無料のヤツだとデザインを既成のテンプレートからしか選べないのね。え~~と、いきなり有料のでやるのもなんなので、デザインいまいちですが、見切り発車します・・・・このタイトルでクールなデザインもないよね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)