« Pulsar の専用スタンド | トップページ | オーディオ改造その1 »

2010年6月14日 (月)

デスクトップシステムとメインシステムのその後

仕事場にデスクトップシステムを構築いたしました。

いわゆるPCオーディオで、新型のVaioP ~ ニューフォースicon ~
自作SPという組み合わせです。トータルで12万ぐらいでした。

自作SPは5cmのフルレンジにMDF製のキャビネットを組み合わせて
適当に制作。音は大きさと値段の割には立派なものかな。
ヴォーカルの様な帯域の狭い音楽の場合は良い感じです。
今回のは1号試作機なので表面処理は全くせずただの箱ですが
2号機ではカッコ良く仕上げる予定です。SPユニットの諸データから
最適のボックス容量、形式、バスレフポートのサイズとかを計算して
くれるソフトがあるんですね。
今回はそれを手に入れたので2号機は音もはるかによくなる予定。

メインの方は、少し音が硬く感じる様になったので、ベースに敷いていた
御影石のボードをはずし、スタンドとSPを接合するネジを4本外して1本
だけにしました。

R0011694
R0011695

|

« Pulsar の専用スタンド | トップページ | オーディオ改造その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102705/48628223

この記事へのトラックバック一覧です: デスクトップシステムとメインシステムのその後:

» ミカって人凄かったww [じゅん]
チソポしゃぶられら、エネマグラで前立腺刺激されまくって、何回もザーメソ搾り取られた(汁 前払い10万もらったけど、出しすぎでチソコ結構痛いよ…… [続きを読む]

受信: 2010年7月 8日 (木) 07時20分

« Pulsar の専用スタンド | トップページ | オーディオ改造その1 »