« 久しぶりのヘッドフォン | トップページ | Pulsar の専用スタンド »

2010年2月20日 (土)

5週間経過

ほぼ5週間が経過。

使い込めばよりしなやかな音になるとは思うが、基本的な性格は掴めたと思う。

SPケーブルの変更に続き、CDPをエソテリックのX-01(D2へのヴァージョンアップ品)に。

少し気になっていた硬さが、より自然な感じになり、とても艶やかでリアルで響きの美しい音になった。また響きと音の芯が分離して聴こえる様になり、エコー成分豊富な録音でも音像の輪郭を曖昧にすることがなくなった。

現代のSPとして求められる解像力、音場再現性、スピード感、レンジ(サイズを考慮に入れて)などは水準以上のレベルにある。特に最初の3項目は素晴らしい。

しかし、マシーナの小さなSPにしても、タオックの3100にしても、・・・・にしてもこれらの項目で水準を超えているのは間違いない。

他のSPに対してのジョセフの特徴(違い)は

・音の艶、輝き
・響きの豊かさ
・独特の?リアルさ

にあると思う。

響きが豊かなSPというとキャビネットを振動させ、その響きを積極的に音作りに利用するタイプのSPが多いと思うのだが、パルサーのキャビネットはほとんど振動していない。なぜ、こういう音になるのか不思議だ。

個人的には大好きなECM系の音楽をとても素敵に奏でてくれるので満足。
また古いジャズも粗をあからさまにする様な鳴り方をしないのも良い。
また、現代音楽(ライヒやケージやパルト等)の魅力に気づかされた様な気がする。

今後の予定は

①専用スタンド
②バイワイアリング
以下、もしかしたら
③スーパーブラックボックス
④スーパーウファー

R0011259

|

« 久しぶりのヘッドフォン | トップページ | Pulsar の専用スタンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102705/47613780

この記事へのトラックバック一覧です: 5週間経過:

« 久しぶりのヘッドフォン | トップページ | Pulsar の専用スタンド »