« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月11日 (金)

その後・・・

真空管、だいぶこなれてきました。
電源投入時の雑音もだいぶ小さくなり、音もかなりしなやかに・・・・・

特に、弦楽合奏のザワザワする音や、ヴォーカルの立体的な口元は快感!

後は、いくつか細かな事を施せば、ある程度、良くなることは
想像つくけど、今の基本システムでは限界に近づきつつある様
な気がする今日この頃です。

ハイエンドショウ!行ければ行きたいです。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

近況

○ブラームスの交響曲全集

ちまたで非常に評価の高い、北ドイツ放送交響楽団ギュンター・ヴァンド指揮
のブラームスを購入。

1番の手出しで驚く。テンポ早っ!

衒いが無いと言うか、もったいぶったところが無いと言うか
小沢ともバーンスタインともカラヤンとも・・・とも全然違う。
でも、この素っ気無さは、今の気分にピッタリかも。

最終楽章の、あの有名なメロディーが出てくるあたりの展開の
テンポの変化にも驚く。でも、これが不自然でも何でもなく
かっこよいのだ。

本当に、久しぶりでクラシックを聴くぞ!モードに
なりつつあるので、今度はC・クライバーのベートーベンをまとめ買いしよう。

○ヨーロッパのジャズ

当たり前ですが、ジャズはアメリカのルーツミュージックですけど
、最初にその芸術的価値を見出したのがヨーロッパ(主にフランス
ベルギー)のファンであったというのも有名な話。

最近、よくヨーロッパのジャズを好んで聴きます。レーベルのみならず
ミュージシャンもヨーロッパという。その中でも最近のお気に入りが
この二人。どちらもピアノトリオで・・・

Ignasi Terraza(スペイン)、Tord Gustavsen(スエーデン)

北欧のジャズは珍しくないけど、スペインのジャズは珍しいかな?
TordもIgnasiもタワレコの渋谷とか新宿あたりなら確実に手に入る
でしょう。

何というか、ああ、南欧だな~、北欧だな~という感じがします。
メロディを大切にしていることがヨーロッパ的かな。

○中華街

連休の1日、中華街に行ってきました。凄い人、人、人・・・
予約して行ったのですが、久しぶりの大外れ!
中国家庭料理の店、と書いてありましたが、本当に家庭料理レベル。
マトモナラーメン屋にはるかに劣るチャーシュー、粉っぽい烏賊の
揚げ物、味が濃過ぎで単調な蟹の炒め物。しかも、盛り付けとかも
完全にアマチュア家庭のレベルですね。

こんなレベルでも、中華街にあって連休とかで、まともな店は
全て行列状態だと、客が入るんだよな。(うちらのことか?)

一応、本の紹介を頼りに予約したのだけれど(><)
この店のどこが紹介するに値する?
著者の名前を書くのは止めて置きますが。

エルモさんの中華の方が遥かに、ず~~~っと上でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »