« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月26日 (木)

真空管の交換

真空管をEAT KT-88に交換しました。
EATとはEuro Audio Tubeの略。

届いてびっくり、贈答品の様な立派な箱に入っています。
手書きの測定データ付きで、そこら辺の真空管ではない!
と誇示しているようです。

今まで標準だったTAD KT-88と比べ第一印象は
ガラスの透明度が高く、とても綺麗なこと。根元の部分
が黒いのも大きな違いです。

早速、4本を交換します。V-70は1本毎に真空管のバ
イアス調整が可能なので、通電して安定した頃にマイナス
のドライバーをパネルの下の穴に突っ込み適性値に調整。

はやる心を抑え、風呂に入り真空管がさらに温まるのを
待ちます・・・(^^)

以下、簡単なインプレッションです。

○女性ボーカル
口元が空間にポット浮かび上がる感じが20%増し。音像の
立体感も凄い。

○ピアノトリオ
ピアノの音が、いや、全ての音がクリア。言い古された言い
方だが、薄いベールを取り去ったよう。

○ジャズオーケストラ
ベース、ピアノ、金管、シンバル・・・様々な音が舞い踊る。
一音一音がクリアであると同時に力感も感じる。

○オーケストラ
クリアな印象は変わらず。音場の広がりも改善されている。
ただ、現状では少し弦楽器が硬いか・・・

一言でいうと、よりハイファイになったと言えるかな。V-70
の改良型ですと言われ、この音を聴かされたら完全に信用します。

真空管を最新技術と最高の素材(ハンダは全て銀だそうです)見
直したというのが、EATの売りですが真空管という素材の奥の
深さ、可能性を感じさせてくれました。

なお通電して暫らくすると、左チャンネルからバチバチという
ノイズが発生するため、輸入元に確認すると、ほぼエージング
無しの状態で出荷しているため、はじめはノイズが出ることが
多々ある、とのこと。数ヶ月使い込めば、ノイズも消え、音も
よりしなやかになるとのことです。

Rimg0047

Rimg0050

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

ボーズ・クワイエット・コンフォート

iPOD nano(8GB:Black)とBOSE・QUIETCOMFORT3を購入!

主に毎週、繰り返される新幹線通勤時間の暇つぶし用。
上越新幹線はトンネルが多く、車内騒音レベルも高いので
QC3を選択した次第。以前、iPODmini+B&Oの組み合わせで
使っていた時は、ボリュームをかなり上げても細かい音が
聴き取れず、カナル型(Sure E5c)も試してみたけど少し
ましかなという程度であった。

まあ、音質重視でこの機種を選ぶ人もいないとは思うけど
4万円超の音ではないね。が、騒音減少効果(?)は思っ
ていた以上に効果的で、ストレス無くかなり細かい音も
聴き取れる。例えば、静かな部屋でかけても何が変ったの?
と感じるぐらいなのだが、屋外でこのHPをかけると、突然
耳を塞がれたかのような感覚に陥る。

他の同種のHPを試したことはないけど、これは相当使える
というのが率直な感想である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

近況・・・

アンプの電源コードを(フルテックFL25+ナノテックシステムズ#301)に変更。
前のケーブルが低音寄りのバランスになるケーブルだったので、相対的に中高音
が目立つ感じになった。当たり前だけど。

音の抜け、輪郭など改善されたような気もするが、もう少しエージングしないと
分からないかな。AETのSINに比べると、よくも悪くも穏健な音の予感がします。

真空管は今、海を渡っている途中だとさ。後、10日ぐらいで到着予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

新年度の散在、その1と2

・電源ケーブルをオーダーする。プラグ、コネクターをフルテックFI-25、ケーブルは
 ナノテックシステムズ#301。
 前にもAETパーツでケーブルをオーダーしたウェイク(http://www.wake-music.net/
 さんに、またお願いする。
 プラグ、コネクタは手持ちのモノを送って使ってもらう。同レベルの完成品を買う
 より遥かに安上がり。

・ついに真空管を注文。オクターヴにオリジナルでついてくる真空管はドイツのTAD製
 でペアで1万5千円ぐらい。市販の球では高価な方です。
 どうせ変えるなら、音が好みの方向に変わるとか、クオリティが上がるとか明らかな
 好ましい変化が無いと意味がない。
 はじめは6550のGECのオリジナル管(4本で5万ぐらい)でもと思ったが、思い切っ
 てEATのKT88(http://www.cayinlabo.com/products/eat/index.html)にする。

 4本で94,500円!!(@@)

 ビンテージ管を除けば際立って高価なKT88だけど、現代の技術で真空管を見直した
  逸品とのこと。海外のサイトを覗いたら有名評論家とか激賞していたので、ああ、
  聴いてみたいなと・・・・・
 紐やインシュで音が変わるのだから電流を増幅する大元の所を交換して変わらないは
 ずがない・・・よね。(^^;

・どちらも、今週中には手に入る予定。(^^)v

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »