« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

SPとHP

黒川さんのブログ(http://www.ashrization.com/mt/)のコメ
ントを読み、ちょっと考察。

HPは①場所を取らない②部屋の影響を受けない③比較的経済的
という理由から、複数所有に向かいますね。僕ですら2年前は
650、RS1、スタックスと3台所有して音の違いを楽しんでいた
わけだし。

SPの場合、場所をとる、というか複数所有して音の違いを楽し
むためには相当広い部屋か、複数の部屋を持っていないと駄目
なわけで普通は無理。しかも、一つのSPをチューニングするだ
けで大変だから複数のSPをきちんと鳴らすのは時間的、労力的
に大変。

SP派は収斂し、HP派は拡張するような感じでしょうか。

あるいは、音楽との関係で言うとHP派は複数所有の醍醐味→様
々な音楽ジャンルを聴きたい→浅く広く派が多くなり、SP派は
特定の音楽に合わせてチューニングしないと焦点が定まらない
ことから、深く狭くなる傾向がある様な気もします。

私の場合は音に包まれる感覚と、聴き疲れしないことでSPに
アドバンテージを感じますが・・・

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

ノラジョーンズの新作

CD2枚で3000万枚、売ったという驚異の歌姫の新作。

1枚目は大好きで今でもよく聴くけど、2枚目はあまり
聴かないということもあり、買うかどうか30秒程度悩
んだ末に購入。

最初のアルバムがスタンダードを含む幅広い傾向の曲を
歌っていたのに対して、2枚目3枚目とソングライター
の側面が強くなってきてますね。

カントリー、ジャズなど様々なアメリカンルーツミュー
ジックの影響を感じるものの、3枚目のアルバムでは完
全にシンガーソングライター(死語?)してます。

それだけに、よく言えば彼女独自の世界、悪く言えば楽
曲のバリエーションの乏しさを感じるという。

まあ、相変わらず、魅力的な声、容姿ですが・・
私にとってノラはデビューアルバムがあれば良いかな?

その後で、GETZ & GILBERTOを聴いたけど、歴史の風雪に
耐え、名盤といわれるアルバムの力はやっぱり凄いすNj3_1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

子供の言語感覚

先日の下の娘(小1)との会話

私「今日の理科の実験、何をやったの?」
娘「え~~と、あぶらのなぞ」
私「油の謎?」

私の心の声
「水と油を混ぜると分離するとか、そんなことか?」

娘「あっ、間違えた。あらぶのだし」
私「アラブの出汁????」(@@)

私「具体的に、どんなことしたの?」
娘「果物の汁で紙に絵を描いて、後であぶるの」

私「あっ”あぶりだし”ね・・・・・・・・」

あぶらのなぞ→あらぶのだし→あらぶだし→あぶりだし

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

システム図

ためごろうさんhttp://blog.so-net.ne.jp/headphones-music/のシステムに影響された黒川さんが書いたシステムズhttp://www.ashrization.com/mt/に影響されて、私も書いてみました。ちなみに黒線が信号系、赤線が電源系であります。現在SPケーブルの交換を検討中ですが・・・

13日追記 : 最近レーマンのHPAはゲインスイッチ、マックスの状態で聴いてます。そうした方が活気があって楽しいので・・・あと、HPは完全に701がメインになってます。

01_1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

消えるスピーカー

最近のトレンドはスピーカーが消えること。
漆黒の何も無い空間に音像がポカリと浮かび上がる。
幾つかの音像は手に取るように位置し、音場空間を形成する。
そのとき、スピーカーの存在は消えている。
消えるSPはマジカルな音場空間を作り上げる。

一方、昔ながらのSPはリアルな音像を作り上げる。
音像の間の闇や音像同士の関係は、そこそこだけど。
バイオリンの弦を擦るときの松脂が飛び散るようなニュアンス。
ジャズのシンバルがカキーンとなった時の厚みさえ感じる響き。
SPは決して消えなくてもリアルな音楽表現は可能。

当初は新時代のSPを作る、SPが消える感覚~漆黒の空間に
浮かびあがる音像が楽しくて、その方向で詰めてきた。
音触が冷たい感じがしたのでアンプを真空管にしたけど。

ところが、最近のチューニングは音像のリアリティ優先になっている。
SN比、音像の浮かび上がり感などは後退しているし、つまりSPが
消えてなくなる度は後退している。
その代わり、音の厚み、熱さ、音像のリアリティはアップしていると思う。

結局、音楽からどうやったら、自分なりの感動を引き出すかで
揺れているだけですが。

Rimg0104

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

遅いけど・・・あけましておめでとうございます。

あけおめ!(あけましておめでとうの略だそうですBy娘)
ことよろ!(今年もよろしくの略だそうですBy娘)

昨日の夜、友人が住む盛岡から帰ってきました。
今年は雪が少ないと覚悟していたら、結構、スキー場はまとも。
スキー(年寄り)、スノボ(若者)、満喫してきました。

大学時代の友人4家族合同で総勢13人。
今年で何だかんだと、20年以上。
はじめは皆、独身だったのに、いまでは一番でかい子は大学生だからね・・・(^^;

さて、今年のオーディオはSPケーブルあたりからと考えています。
本当はアルテックあたりの安くて古いSPのシステムを作りたいの
だけれど、場所が無いしな。

CDは今年同様、ジャズを中心に買いまくる・・・でしょう。
早速、明日あたりビルエバンス大人買いの予定です。(^^)

Rimg0241_1

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »