« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

雑感

・マイルスやパーカーなどジャズジャイアントの作品を真面目に聴いたことって
 ほとんど無かったことに気ずき、マイルス作品タワレコでまとめて6枚大人買い。
 20枚程度聴いたら、次はパーカー、モンク、エバンスあたりを・・・その次は
 70年代ロックを体系的、集中的に聴く予定。

・只今、アメリカからかみさんの従姉妹が家族3人で来ていて、かつ叔母さんも
 来ているので一家9人であります。夕食の食材とか半端じゃないです・・・
 カレーの玉ねぎ炒めてるだけで疲れました。まあ、これはこれで楽しいですが(^^;

・スピーカーですけど、英国の某メーカーのに惹かれる今日この頃。
 あっ・・・クオードじゃないですから。(^^;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

昨日、今日・・・

親子三人(私、妻、下の娘)で自転車にて駒沢公園に向かう。公園前のレストランでビール飲みながら昼食をとり、上の娘の中学に向かう。文化祭の様なイベントがあり、目玉がクラス対抗の合唱コンクールとか。たいして期待してるわけではないけど、人の親としてまあ、見に行こうかなと。

会場の体育館に着くと、もう生徒と父兄で賑わっております。

選曲、練習、指揮、ピアノ伴奏、全てクラスの話し合いで決め先生はアドバイスする程度だそうです。で、金賞とかを先生と生徒の一部(芸術委員だって)の投票で決めるのだそうです。

1年生のクラスからスタート。まあ、期待以上でも以下でも無いというレベル。指揮者も照れくさそうで、中学ぐらいなら、ああそうだよなと思う様な感じ。ところが、2年生になると、えっ!というぐらいレベルが上がってくる。

で、3年生!!!びっくり仰天でした。部活の発表会とか音楽系の中学(そんなのあるのかは知らない(^^;)とかだったら分かるけど、普通科の中学のクラス全員登場のイベントですから。レベル高い・・・(@@)

指揮者にも照れも衒いも微塵も無く、男子であれ女子であれ体中で指揮する姿は感動ものでした。あと、ピアノ伴奏上手い!!!特に3年C組の君(男子)。恐ろしく早いパッセージを中腰でノーミスで弾ききった君。おじさんは感動しました。

C組の合唱の技術は感動ものでした。こいつら相当練習してるよな。

で、表彰式は見てないのだけれど、結局、金賞はB組でC組は優勝を逃したそうです。その瞬間、C組の連中が号泣していたと娘(1年)が言っておりました。

今の世の中って、若い頃に本当に感動すること、それも人と人との関わりの中でそういう体験をすることって少ない様な気がするのだけれど、彼らは幸せだなと思いました。と、同時にこういう仕掛けを用意してくれる中学の先生に素直に感謝。ちなみに、運動会もちょっと凄いです。

帰宅後はテレビでサッカー観戦。ひいきのチーム(レッズ)が勝てなかったのは残念だけど、いい試合だったので、まあ満足。

夕飯は今年初めての、きりたんぽ鍋。

今日・・・

午前中、髪を切りに行き、子供を児童館のイベントに連れて行き、後は上の娘に任せて、私は自由行動。

お昼はエルモさんのブログでも有名な?万豚記で牛筋坦々麺を食べる(なかなか美味)。その後、秋葉原に行ってオーディオするか、味の素スタジアムにサッカーを見に行くか迷ったのだけれど、久しぶりにサッカー観戦に決定。東京対ガンバ大阪の試合。

キックオフまで少し時間があったので、途中本屋で新書を買い、ビール飲みながらスタジアムでマッタリしようかとなと考えていたら、駅を降りたら凄い人。(@@)今年最高の入場者で3万6千人だったそうです。

レッズと優勝争いをしているガンバが負けろ!!!と東京の応援をしていたのだけれど前半で0-2・・・orz 後半も立ち上がりはガンバのペースで、これはダメだと。これで東京が逆転したら漫画だよな、と自嘲気味に考えていたら選手交代を境に雰囲気が変わり、ラスト15分で3連続得点で逆転勝ち。いや~~興奮しました。(^^)

帰ってきてから8人分(親戚が来ていて現在8人家族?)のパスタを作りお酒を飲んで、かみさんが居間で寝ているのを横目に、上の娘と二人でこのブログをつけてます。(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

近況・・・色々

古い録音も楽しく聴くための計画ですが、ニアフィールド・リスニング
では限界があります。

スピーカーとの距離がもっととれれば、ルームチューニングで
いじる余地もあると思うけど・・・

どうしよう。

最近、少し古いタイプの音のSPにするべきか迷い始めてます。

話し変わって

インターナショナルオーディオショウに行ってまいりました。

このショウって輸入代理店が最高機種をデモしてることが多くて
耳の保養にはなるけど、バイヤーズガイドにはならないですね。(^^;

マジコの新しい大型SP(○○○○万円)はあまりにもさりげなく
自然で、生々しい音に(@@)でした。
あと、ルーメンホワイトは、やっぱり響きが美しい。
残響成分をたっぷり含んだ音楽は最高です。

一番、ショウで気にいって欲しくなったのは
オーラデザインのオールインワンのCDアンプチューナー。
なんともレトロでモダンなデザインがチャーミングで
実売価格25万ぐらいかな・・欲しい・・が使い道が無い・・orz
私の好きだったデザイナー(ケネスグランジ)の作品というのもそそられます。

個人的にはベイシーの菅原さんの話を聴けたのが楽しかった。
この人のエッセイ大好きなんで。

さらに、話変わって

アキュフューズの創業者の春日二郎氏が書いた
「オーディオ昨日、今日、明日」という本を読みました。

何といってもアキュフューズ創業の頃の話がよかったです・・・

トリオ(現ケンウッド)の創業者でもあるんですよね春日さんって。
街の部品メーカーからトリオを東証の一部上場企業にまで育上げたのに
その地位とか会社とかを譲って、マランツやマッキンに対抗しうる
高級オーディオメーカーの夢を追い求めた結果がアキュなんですね。

何だか元気がでてきます、こういう話は・・・

1,2ヶ月中には結論だします。SPの話ですが(^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

K701~レーマン~Linn Majik

ようやくのインプレッションです。

細かな音まで良く表現するものの、音像を際立たせることは無く
輪郭をわずかに滲ませた様な音。全体に薄いビロードをかけた
ような、なめらかさを感じる。
解像力は必要にして十分。音場も広大とはいわないが広い方。

一番、不満が残るのは低音の質。
501に比べれば量、質ともはるかに上だが
ソリッドな低音ではなくズ~~ンとくる力強さに欠ける。

総じて、高性能を聴きやすくまとめた印象。
明らかにAKGの音で501の発展、上位機種という印象。
(あるいは、軽量級の抜けの良い650?)

レーマンとの相性はかなり良いと思う。
他の機種との見た目の収まりもGOOD!

一方、W5000はコルダの方が相性良かったです・・・orz
he&biさんが予言?した通り、少しきつくなりますね。

4日追記:その後、色々なソースを聴いて鳴らしこんだら、多少、印象が変わってきまし  た。そのうちに、きちんとレポします。m(_ _)m

Rimg0080

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »