« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月26日 (水)

物欲・・・再び

LinnのMajik、複数のオーディオ誌で絶賛ですね。
http://www.linn.jp/products/detail/players.html
SACDが聴けないのは残念だけど。

何より惹かれるは音質の評価で、今まさに自分が欲しいと思っている
音の要素がこのCDPにあるらしいこと。
「決して薄手にならない・・・」
「音像が平面的にならず、立体感をもって・・・」
「音場表現がしっかりとしていて・・・」
「音にコクがある・・・」
「CD12には一歩譲るが音の風格・・・」
などという評価を読むと心揺さぶられます。

クラシックを使用中の実感としてアフターサービスもしっかりしてるし。
リンの伝統ですが小ぶりで見た目大げさでないのも良し。
この値段ならCP抜群は間違いなさそう。
一体型のCDPにすれば後ろもだいぶすっきりするなあ。

でも、いいのかSACDかけられなくても。

あと、今のCDTを手放すのは忍びないなあ・・・

と、また、物欲がうごめきだした今日この頃です。(^^;

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

夏の真空管

恐れていた夏がやってきた。
今年の夏は汗だくで音楽を聴かねばならないのか、と覚悟していたのだが
結論から言うと、思ったほど辛くは無い!のである。(^^)v

理由の一つは家が新築であり、エアコンも新型で静かであること。
これなら、音楽しながらエアコンつけてても、あまり気にならない。
前の家では煩くて、音楽する前にドット冷やし(暖め)てから聴き始め
聴いているうちに服を脱ぐ(服を着る)などということもよくありました。

電源環境からいえば、音的にはつけてない方が良いのかもしれないが
まあ、正直その差はよくわかりません。

真空管アンプとはいえヘッドフォンの様に体に接触しているわけではないので
真夏のヘッドフォンリスニングよりは楽です。(実感)

学生時代は自分の部屋にエアコンなどというものは無かったから
真夏の蒸し暑い部屋でヘッドフォンで大音量ロックを聴いていたのねと
あの頃のパワーというか音楽に対する渇望感が、少し愛おしくなったりします。

*注というほどではないけど
真空管アンプと言っても球の数は違います。従って発熱量もまちまちです。
ちなみに、私のアンプは大きいのが4本小さいのが2本です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

買ってよかったと思ったCD

皆さんはCD買うときに何を頼りにしてます?

以前は雑誌などで綿密に情報を仕入れてから購入することが多く、衝動買い的パターンは、ほとんど無かったのですが、最近は店でエイヤーで買うことが多くなってきました。

私が最も多く出没するCDショップは新宿のタワレコですが、最近そこの試聴器で聴いて買う、または絵を見て衝動で買うことが多くなりました。試聴したから間違いないかといえばそんなこと無くて、帰ってきて聴くと何だかいまいち、ということも少なくないのですが。

最近の大当たり3連発を。~(^^)~

ミシェル・カミロ&トマティート の"Spain again"

超絶技巧のジャズピアニストとスパニッシュギターの名手が繰り広げるスペイン音楽の数々。いや~~楽しい凄いスリリング、静と動の緩急、美しいメロディ、1枚で2度美味しい。おまけに、録音も、凄く良いという程ではないがなかなか良い。ピアノの音にもう少し力強さがあれば言うことなしです。チックコリアの”ラ・フィエスタ”が最高。(^^)

エリン・ボーエムの”What love is”

録音時18歳のジャズボーカリスト。何だかとても突っ張った風貌はジャズというよりロック系のイメージですが、声は容姿よりずっと素直。三分の一がジャズスタンダード、三分の一がロック系の曲、残りがオリジナルという構成。声のトーンがころころ変わる。可憐な声が主体だけど時にどすの利いた声になり、時にけだるい声になる。表現力の幅の広さは年齢が信じられない。オリジナル曲もなかなかのものですわ。ちなみにベーシスト及びプロデュースは例の超絶技巧ブライアン・ブログバーグです。現時点でポピュラー系のヴォーカルアルバムの私的最優秀録音であります。

レッチリの2枚組み最新作

適当にだらけた感じが何だかとてもカッコいい。ベースとドラムの録音はロック系のアルバムでは1,2を争う感じかな。

Recomend_cd

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

Tivoli audio その後

活躍してますが・・・

ちょっと期待しすぎたのでしょうか、音はよくできたラジオです。
FM放送の音もLinnのClassicと比較すると数段劣ります。
値段が10分の一ですから比べられたらたまらないでしょうが。(^^;

でもね、決してハイファイではないけれど、生理的に心地よい音です。
なにか懐かしくなるような音です。受信状態があまりよくないので、
今度CDの音も聴いてみます。

プレーヤーどうしようか・・・

Rimg0005

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

ベッドサイドオーディオ

寝る前に本を読む時、無音では少し寂しい。かといって、BGMにメインのシステム
では大袈裟だしTVでは煩わしい。ということで小さなオーディオを買いました。

Tivoli Audioと言います。
http://shopping.yamagiwa.co.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=E-989CEM1SLB

その昔、AR(アコースティックリサーチ)というSPメーカーがありAR-3など多くの
名作を生み出しましたが、その創業者兼エンジニアであった人が作りました。。

ちなみにSPは一個なのでモノラルですが背面にHP端子があり、そちらはステレオ
です。CDも聴きたいので同じシリーズのCDプレーヤーにするか、iPod-nanoにする
か思案中。
http://shopping.yamagiwa.co.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=E-989CEMCDBLK

届くのは来週であります。まだ聴いてません。(^^;

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

フジヤさんにて

借りっぱなしになっていたHPを、ラビさんにお返しするためにフジヤさんへ。

ウイーンアコースティックのT3GのB級品がエアーのアンプとCDでなっていましたが30万は安い!!と思いました。使ってみたくなる音がするなあ。みんな伝染病の様に買っているゴールドリングのHPも試聴しましたが、確かにCPは良いですね。とはいえ、1万円ほど高いけどゼンのHD595の方が好みだったなあ。(^^;

例のHPAの中古品が商談中でしたが・・・もしかして・・・などとラビさんと話しながら例の蕎麦屋へ。迷わず鴨南と生ビールを注文。リベンジ達成です。(^^)v

今日の最大の驚きはラビさんがモディファイしたアイワのHP!元の価格が信じられない音。はっきりいってゴールドリングより好きです。(^^; 手の加え方でこんなに変わるんだなと感心しきりでした。

お土産にラビさんが大人買いしたHPをいただきました。m(_ _)m

| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »