« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月19日 (金)

近況

最近、ECMの少しマイナーなミュージシャンにはまって色々と聴いた。

久しぶりでキースのUp for itWhisper notを聴いた。

う~~~ん、格が違いました。m(_ _)m

何だか、微かにノイズ聴こえる。最初は酔っ払ったせいかと思ったけど

確かに聴こえる。信濃電気の電源を疑ったが・・・違う。アンプかな?

・・・違う。結局、液晶テレビでした。(^^;

テレビを見るとき以外は電源コードを抜いてます。

住環境が大幅に改善されたもので・・・夜でも音量を上げて(以前に比べれば)

聴くことができる様になりました。嬉しいです(;;)

でも、HPで聴く時間が確実に減ってしまいました。

とはいえ、Gradoの新しいやつは欲しい・・・(^^;

物欲はきりが無い・・・orz

今週、一番嬉しかったのことは研究室の学生が希望するところに就職を決めたことです。v(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

ECM

ブルーノートに代表される王道のジャズが嫌いなわけでは無いけど、昔からECMhttp://www.ecmrecords.com/Startseite/startseite.php)の音楽が大好きだった。黒川さんのブログ(http://www.ashrization.com/mt/)で以前、キースのケルンコンサートを夜のイメージでは無く、朝のイメージと書いておられた様な気がしたけど、hotというよりはCoolで、アメリカよりヨーロッパ的な感じがするジャズの世界。

ECMレーベルはドイツのジャズレーベル。キースじゃレットなどはごく初期のものを以外は全てECMでリリース。有名なチックコリアのReturn to foreverECMだし、パットメセニーもデビューからメジャーになるまではECMでリリースしていた。キース、チック、パットメセニーと並べれば理解してもらえると思うけど、ブルーノートなどの王道ジャズではなく、ジャズに軸足を置きつつ、クラシック、近代音楽、民族音楽、ロックなどの様々な音楽要素を取り入れたサウンド。とても刺激的で、とても美しくて大学時代の私は夢中だった。また、ジャケット写真も美しくかっこよく、ジャケット写真買いしたLPは、ほとんどECMの様な気がする。

キースやチック、パットなどは王道ではないが明らかにジャズだったけど、現代音楽?民族音楽?と言った方近いと思うミュージシャンもたくさんいた。エグベルト・ジスモンティはブラジルのミュージシャンで、ギター、ピアノ、声を駆使しつつ、とても美しい、どちらかと言えば静的なブラジリアンミュージックを奏でる人で大好きだった。20分ぐらいの長さの生ギターと、ボイスで構成される曲に、ゼンハイザーの黄色いスポンジのヘッドフォンで聞き入ったものでした。

先日、タワレコの推薦版コーナー(ビルエバンスの後継者?みたいな企画)でシンプル・アコースティク・トリオのCDを見つけた。ECMレーベルで、当時の記憶が蘇るようなシンプルで美しいジャケットだった。マルチン・ボシレフスキというピアニストがリーダで、全く知識は無かったが久しぶりに衝動買い。

これがですね、このピアノの音が素晴らしい。音楽はBGMとしても最高だし、聴きいっても素晴らしい。美しくリリカルで癒される。ピアノの芯の音と、ピアノ自体の響きと、ホールの広がりがブレンドされたとても美しい音で、、ベースの音はすすり泣いているように聴こえるのだ。真空管の明かりのみが灯る、真っ暗な部屋で音楽に聴き入ったり、妄想の翼を広げたり、考え事をしたり、また音楽に聴きいったりという用途には最高。

その後、アリルド・アンデルセン、トーマス・スタンコなどなど続けてECMCDをレーベル買い。聴くたびに二十歳前後の、たぶん今よりピュアだった自分に少し戻れるような・・・(^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

ごーるでん・ういーく

ゴールデンウィークは、ほぼ東京でしたが、3、4日と家族をはじめて新居に連れて行きました。でかいSP、球のアンプ、初公開でした。もちろん今まで、買い換えたこと一言も話していません。

かみさん・・・「何これ?・・・前のはどうしたの?(怒)」

私・・・「・・・」(^^;

以下略、で音楽(家族受けを考えて平井賢)をかけました。

子供「本当に人がいるみたい(@@)」

かみさん「凄い・・・で、何でアンプが光ってるの?」

私「それは真空管と言って・・・以下略」

かみさん「横の黒い縦長のは何?」

私「それは電源と言って・・・以下略」

好きな人以外には理解しにくいようです。でも、音が良いということは分かってくれたようです。(^^;

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

兄が・・・

私事ですが5歳離れた兄がいます。もともと、僕がオーディオに興味を持ったのも、この兄の影響が大きかったのだけれど、ここ15年ぐらいオーディオ趣味は休眠状態だったようです。最近、ビクターのSPを買ったのは聞いていましたが、どうやら久しぶりに火がついたようで(^^;

男兄弟なんて別に喧嘩をしているわけではなくても、特に用も無ければ半年ぐらい顔をあわせない、連絡とらないのも珍しくないと思います。私のところも、そんな感じだったのですが、ここのところ時々メールが来ます。内容は99%オーディオの事。

先日も湯島の例の店に行ってきた感想メールが届いていました。本人いわく、麻薬的な音のソナスと余計な音をいっさい出さないパイオニアのEX1が気に入ったようです。後者は1本70kgあるけど、2階に置けるかどうか心配してます。そんなことより家庭不和にならないことを心配した方が・・・人のこと言えないけど。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

桜を食う馬・・・

昨日、近くの公園に行ってきました。

白馬が八重桜の花びらの中にいてなかなか絵になる。

一心不乱に地面をモゾモゾ探っています。

近づいてよく見るとですね、八重桜の花びらをモグモグと食べている。

馬は桜の花びらを食べるのか?

あっ、この馬、ちなみにオスですね・・・(^^;

Dsc01688

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »