« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月24日 (金)

秋葉原

平日の午後だというのに、時間ができたので久しぶりに秋葉原のショップ散策

注文した後に、初めて5000をじっくり試聴。(^^;

初めは定番のダイナ5555

最初は、同じテクニカの5000アンプにて聴く。なかなか良いですね~~(^^)

ワイドレンジで透明で緻密。抜けがよくて、良質の密閉型ならではの低音感。Edition7ほどの実体感は無いけど十分にリアル。当たり前だけど、この組み合わせは相当良いと思う。ただ、好みを言えば、少し中高域の輝かしさを抑えたい気がする。

次はHpa-100に繋ぐ・・・もう一つです。HA-1とでは少し緩くなる感じ。AMTのアンプとは結構、良かったですが、SNがなあ。透明で十分クオリティが高くて少し、渋めというとやっぱりCorda?・・・聴いた事ないけど(^^;

そう言えば、ダイナの店員さんの話ではK701、早くて来月、遅くても再来月には輸入開始されるそうです。もう少しの辛抱。(^^)

次にラフィーノ&レフィー

実に広々として綺麗で、魅力的な製品がたくさん。ただ、いくら平日の午後とはいえ、客が私以外に2~3名しかいなかった。大丈夫か?この店。個人的にはSACDが充実していたのが嬉しい。

その後、テレオン、アムトランス、ダイナの中古センター、ヨドバシなどを梯子して帰宅。少し疲れた。余力があれば中野まで足を伸ばそうかとも思いましたが挫けました・・・orz

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

はやとちり

ピックアップ、モーターの寿命かと思っていたCDTの不調ですが

市販のクリーナー(CDに小さなブラシがついてるやつ)をかけたら

症状、改善されました。

上からCD取り出すヤツは、ピックアップのレンズに埃も付着しやす

いでしょうし、たぶん、そのせいかと・・・(^^;

でも、ねんのため、ドライブメカの予備は手に入れるつもりです。

そうそう、黒くて硬い木でできたHP、注文してしまいました。

この会社のHP買うの、考えてみたら初めてです。(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

CDトランスポートが・・・・・orz

数日前から、トランスポートの読み込みが悪くなってきました。

通常、数回、回転した後スタンバイ完了状態になるのだけれど

ピクッと動いたきり回転しない現象が時々おこります。
ピックアップの問題かな、モーターユニットの寿命かしらと

色々考えてしまう、今日この頃。

このトランスポートはしばらく使い続けたいし、既に生産中止の

フィリップスのメカ、予備に買っておこうかな・・・

昔の機器を使うのは、こういう覚悟が必要ですね。

でも、まあ、機械はいつか動かなくなるわけで、寿命まで見取るの

は今の世の中、とても素敵な経験かもしれない・・・(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

独り言・・・

ささきさんに教えてもらった根岸通信さんから、太い電源ケーブル(Zac1fs)一気に3本買い。以前、狙っていたケーブル1本で3本買えると思うと安く感じてしまった。まだ使い始めたばかりだけど、音場が広くなり重心が少し下がった様な気がする。太くて重いけど、しなやかなのでセッティングには困らない。

ラインケーブルはまだ届かない。AETからパーツが届かないとのこと。いったい、いつになるやら・・・

サウンドハウスに701の入荷予定を聞いた。3月の半ばだという。そんなに待つなら、正規品を待った方が良いと思ったのでキャンセル。

キャンセル直後にフジヤでEdiitio7B級品の記事を見る。激しく惹かれるがこらえる。パッドが白かったら危なかったかも・・・直ぐに売り切れて何だかホッとする。(^^;

HPAはどうする。CordaHD1LHPA100カスタマイズ、TriodeHA1・・・HP4は高すぎるし、できれば真空管は避けたい。プリメインのRec outからHPAに繋ぐとすれば夏は地獄・・・CordaHeadamp2SEあたりが無難かな・・・

最近は完全にSP主体だけど、深夜になってまだ聴きたい時や大音量でオーケストラやハードなロックを聴きたい時、古ぼけたΛでは物足りない。HP環境も整備!!

その後の、ティール+オクターブはエージングが進み、かなりいい感じになってきた。サ行の強調もほとんど気にならないレベルになり、暖かく、透明で、しなやかで、ハイスピード。心地よく音楽に浸れるが、もう少し音に厚みと積極性があれば・・・とも思う。この辺は今後の課題か。

次は部屋を何とかしたい。気兼ねなく音量が上げられる環境が欲しいけど、引越しめんどくさい・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

電源!!

機器が揃ってきたし、ライン、SPケーブルも手をつけたので、次は電源かなと思っておりました。マンションに借家の身としては壁コンセントから川上に遡るのは無理だとすれば、考えることができる究極は①交流を直流にしてから正しいサイン波の交流を作る機器②バッテリー駆動にする、のいずれかだなと考えていました。

オーディオ駆動用のバッテリーはJ1プロジェクトからでていますが、私の環境ではデジタル系のみに限定される事、バッテリーには明確な寿命があることが難点。①が現実的な回答と考え、信濃電気、電研、CSEPSオーディオ等の機種を候補に悩んでいたら、ああ、ヤオフクで信濃電気のHSR1000が・・・・私が考えていたモノの上位機種です。でも新品で候補機種を買うより、かなりお安い値段で・・・。こんな機種を入れても私の環境では分不相応という気もしましたが、えい!もういったれ!・・・(^^;

ゲットです。

ちょうど大き目のタワー型のPCの様なサイズ、プロポーション。現行機種はラックマウントタイプに変更されてる様ですが中身は同じ。私の環境ではこのプロポーションの方が好都合。でもでかいです・・・。側板を外すと基盤やらでかいトランスやらで結構、中身が詰まってるのに少しビックリです。

音ですが。何ですかねこの変わりようは。音が深く、静かで、立ち上がり、立下りが早くなり、音場の見通しが凄くよくなった・・・むやみにほめ言葉が並ぶ事になるので、この辺で止めておきます。音の傾向は変化がありませんが、基本的な部分が底上げされた様な感じです。でも、この状態にも直ぐに慣れちゃうんだよな(笑)、オーディオって。

これで電源ケーブルの違いなんかも、もっとはっきりと解かるようになったと思うと・・・・う~~ん(^^;

sinano_1000

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »