« ここ10ヶ月の狂気? | トップページ | 頭をちょこっと前へ »

2005年7月14日 (木)

壁コンセントを交換してみた・・・

私のオーディオ部屋は借家だし、コンセントにテレビアンテナ端子が抱き合わせになっているタイプなので、壁コンセントの変更は考えていなかったのだが、ダイナでアンテナ端子対応のコンセントプレートを発見!これは、やらねばならぬ、ということで、先日決行。

○音の変化

音が静かになった。時に、中高音に感じた金属的な響きが緩和され、月並みな表現だが自然な音に。さらに、前後、左右方向の音場が深くなり(広くなり)定位もより明確になった。以前、スピーカースタンドの鋼管内に鋳鉄粉を入れた時と、変わり方の質は違うが程度としては同じぐらいの音の変化か。SPケーブル、ラインケーブルの交換より明らかに変化の度合いが大きい。正直、予想を超える変化に少し驚く。

○収支

壁コンセント:オヤイデ電気の定価7,500円位のモノをヤオフクで4600円。コンセントプレート:ダイナオリジナル(アンテナ端子対応)の厚いアルミ製で4300円。工事費: 直ぐ近くの電気屋に依頼、2000円!安い!「立派なコンセントですね、前にもオーディオ好きのお客さんのコンセント、換えたことありますよ」とか言いながら10分程度で完了。トータルで10,900

○という訳で結論

1万円そこそこで、この改善効果はなかなかのモノ。オーディオ用の電源タップや電源コードの導入は壁コンと抱き合わせで行うのが良いと思う。(はじめにタップとコードを導入したが、その時の変化は予想の範囲以内!)やっぱり、川上からやらなきゃ駄目か。もっとも借家なのでこれ以上遡るのは無理だけど。

というわけで壁コンの交換は相当お勧め。それなりの電源ケーブルと抱き合わせでも中古市場を探せば2万円台で収まる!!かなりCPが高い投資だと思う。

○電源に思うこと

音の性格を変えずに、でも確実にクオリティアップしてくれる手段だと思う。ただ、電源系は異様に高すぎる商品が多い。非常にシンプルなモノだし中古でもリスクが低いので、中古品を活用しましょう。あるいは、ケーブルは個別パーツを組み合わせて手作りしてくれるガレージメーカー?のモノを購入するのもお得だと思う。

consento

|

« ここ10ヶ月の狂気? | トップページ | 頭をちょこっと前へ »

コメント

う〜ん、勉強になります
私も、お気楽派なんて言ってごまかしてますが、
まだまだだなぁ〜

投稿: ためごろう | 2005年7月15日 (金) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102705/4973307

この記事へのトラックバック一覧です: 壁コンセントを交換してみた・・・:

« ここ10ヶ月の狂気? | トップページ | 頭をちょこっと前へ »