« 山下達郎と小田和正 | トップページ | ダイナにて »

2005年6月26日 (日)

オーディオケーブルについて・・・

オーディオケーブルの値段の根拠が良くわかりません。

素材に、8N銅とか純銀とか高価な素材を使っているなら、分かりやすいのですが・・??となってします製品も少なく無いです。

電源ケーブルの場合、両端のソケットとケーブルが構成要素になりますが、SECの○○4000という完成品の場合、ばら売りの場合2800/mのケーブルを使用して1.5mで定価89000円!!です。ソケットの相場が3000円~9000円程度なので幾ら高価なモノを使っていたとしても高過ぎ。

PADのケーブルに至っては国内流通品、定価70000円のケーブルが同等品の並行輸入で20000円台後半で手に入ります。この値段で輸入業者が利益を出せるということは、いったい、原価はいくらじゃ?・・・ゼネラル通商が良心的に見えてくる・・・orz

かと思えばアクロリンクの定価33000円のケーブルは、ばら売りケーブルの値段、使用しているソケットの単体の値段など足し合わせると、確実に20000円を越えてしまいますし、ネット上ではパーツ単体で買った値段(定価でなく実売価格)とほぼ変わらぬ値段で、完成品を売っている所も少なくありません。

しかも電源ケーブルの場合、比較試聴の難しさが輪をかけ、本当にヨクワカラナイです。AA誌のケーブル評価を読むと、本当にそんなに音の傾向が変化するのか?と・・・・いや音が変わるのは間違いないですよ。でも、まるでSPを変えたがごとき音が変わるかのような評価を読むと???だし、ケーブルの音は本当に微妙な事で変わってしまうことも考え合わせれば、その結果がそのまま通用する読み手は、いったい何人いるのかと考えてしまいます。

|

« 山下達郎と小田和正 | トップページ | ダイナにて »

コメント

ケーブルを代えて音が変わるのは分かるのですが、原価を考えると「いくら何でもボリ過ぎだろ」としか思えないので手が出ません。
それに、「スピーカーを代えたほど変わる!」っていうのも承伏できません。

「オタク相手の商売だからって、あんまり無茶苦茶なことばかり言ってると見向きもされなくなるよ」って、私なんかが言わなくてもオーディオ系雑誌は廃刊に追われる一方ですかそうですか。

投稿: T. | 2005年6月26日 (日) 22時22分

なんだかケーブルって宗教の様な一面があるような気がします。信じるか・・・信じないのか・・・という。
個人の趣味なんで、どこにいくらつぎ込んでも他人がどうのこうの言うことではないですが、SPはペア20万円クラスだが今までににケーブルに100万円使った何て、話を聴くと、音楽をより良く聴きたいがための投資なら、もっと他にやり方が・・・・と言いたくなってしまいます。

投稿: ゴーヤ | 2005年6月28日 (火) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102705/4714779

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオケーブルについて・・・:

« 山下達郎と小田和正 | トップページ | ダイナにて »